賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を綺麗に使う工夫

賃貸物件に新しく住む場合、初期費用として敷金を支払いますよね。敷金は退去時に返金されるものですが、壁や床を傷つけてしまったなど室内に破損した箇所があった場合、それらの箇所を原状回復するために掛かる修繕費用を差し引かれて戻ってきます。出来れば全額そのまま返金してもらえるとありがたいですよね。その為には室内は綺麗に使用するのはもちろんの事、入居する際に自分で工夫をしてみるといいかもしれません。

フローリングの傷つきやへこみを防ぐため重い家具の下には必ずカーペットを敷いた方がよいです。また畳の擦り切れや変色を防ぐためにも畳カーペットを敷いておくとよりよいでしょう。また冷蔵庫の後ろは壁が黒ずんでしまうので壁から数センチ離して設置したり、後ろの壁にビニールシートや模造紙などを貼っておくと壁の黒ずみを防げると思います。またタバコのヤニも部屋のクロスを汚すので室内では極力吸わないか必ず換気扇等煙を吸い込んでくれるものの近くで吸うように心がけましょう。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.