賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件と築年数の記載

なるべくならば新しい部屋に住みたいと考える方は多いかと思います。やはり賃貸でも新しければ新しいほど耐震性も高いので良いかと思います。ですので、賃貸情報の築年数の部分を参考にするという方も多いはずです。しかし、場合によっては築年数が間違えて記載されている場合もあります。入居後に築年数の記載が誤っていることが分かったらどのように対応すれば良いのでしょうか。実を言うと明らかにわざと築年数を偽って記載した場合でない限り賠償金等の請求をすることができないようです。

それはなぜなのでしょうか。賃貸情報の内容はその内容を更新した日までで止まってしまっていることがほとんどですので、その後新しい内容に変更されない限り築年数も増やすことがありません。ですので、なかなか借りての見つからない賃貸の場合には1〜2年の誤差は仕方がないことだと判断されることがほとんどだからです。もしも、正確な地区年数が知りたいのならば情報がいつ更新されたものなのか調べるのがおすすめです。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.