賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸アパート経営における資金繰り

賃貸アパート物件を手に入れた、さあ、これからアパート経営だ、という方は、今後の家賃収入が楽しみでならないでしょう。ただ、賃貸アパート経営も立派なビジネスです。簡単に成功することはないでしょう。いろいろな苦労もあるでしょうが、その一つに資金繰りがあります。どのビジネスも共通ですが、仮に利益が出ていても、資金繰りが破綻してしまったらそのビジネスは終わり、倒産です。経営の中でも資金繰りは最重要管理項目のひとつといえるでしょう。

個人で経営する場合を想定しましょう。まず、収入については家賃収入や礼金をカウントします。敷金は預かりですので除きます。支出については修繕などの経費、借入金の返済を集計します。そして、重要な点は、所得税などの税金支払いを考慮することです。ですから支出を計算する前に、不動産所得を別途計算し、所得税を計算しておく必要があります。不動産所得の計算上のポイントは、借入金の返済は経費にならないこと、その代わり、減価償却費が経費になることです。これで収入・支出を把握して先々も含めて管理することで、早めに対応が可能となり、資金繰りがショートする可能性はぐっと減らせるでしょう。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.