賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件のサービスルームとは?

賃貸物件の広告を見ると、間取りの欄に洋室や和室、LDKなどの文字が記載されています。LDKはリビング・ダイニング・キッチンを表していますが、たまにSという文字を見かけることはないでしょうか?Sというのは、サービスルームを省略した文字になります。サービスルームというのは、部屋と呼べるほどの広さがなかったり、光を取り込む窓が設置されていないなど、建築基準法で認められていない部屋を差します。また、エレベーターの近くにある部屋も光が入らないなどの理由でサービスルームになることがあります。

しかし、サービスルームだからといって、部屋として機能しないわけではありません。物置や倉庫代わりに使用しなくても、子供部屋や書斎など多くの使用用途があります。サービスルームの表記がある物件は、一度実際に見てみるといいでしょう。あまり暗いと子供部屋としては良くありませんね。光が差し込まない場合は、ウォークインクローゼットとして利用してもいいでしょう。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.