賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸で時代に合わせた住まい選びを。

以前は、住まいといえばマイホームということを連想したものですが、時代の流れと共に購入のメリットは薄れてきた点もあります。購入した家は、間取りや内装を自由に変更できるというほか、特に資産として子供や家族に残せるといった点が挙げられていましたが、固定資産税や維持費の負担があることと、また、働き方の多様化でゆくゆくは実家へ戻るというケースが少なくなっている今、将来的に売却できず解体しなくてはならないとなった場合など相続者にとってはむしろ負の資産となってしまうことも考えられます。

一方で賃貸は、勝手に間取りや内装を変えられないなど利用上の自由度は制限されており、また、所有することの安心感、満足感こそないものの、コストの面で固定資産税がかからないことや、基本的に構造等の修繕は家主の負担であるなど、家賃以外の負担がほとんどないというメリットがあるほか、何より負の資産として後々に残さないという身軽さも今時の住まい事情では大きなメリットとなるのではないでしょうか。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.