賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件、あまってませんか?

友人2人とルームシェアをしたいという話しになった。私たち3人は、ファッションデザイナー、空間デザイナー、フリーライターとそれぞれ創作に関わる仕事をしている。その3人が同じ空間に住めば、新しいアイディアが生まれるのではないかというもくろみがある。

早速賃貸物件を探しにでかけた。条件は3LDK以上。個々の空間と、大きなリビングが希望だ。しかし、実際にはそんな好条件は存在しない。マンションやアパートでは狭い。そして一軒家にすると料金が高すぎる。私たちは途方に暮れていた。

この話しを、元同僚に相談してみた。そうすると郊外(と言ってもかなり田舎)に空き家があるという。母方の両親が使っていたところだそうだ。見に行ってみると、建物は古いが、まだまだ使える。立地条件は希望通りではないが、住む環境は私たちの希望通り。すぐに賃貸契約を結び、借りた。高齢化社会が進み、空き家が増えている。その物件は、案外不動産屋などに掲載されていない物も多い。隠れた物件を掘り起こし、若い世代に引き継がせてくれたら、とってもうれしいな。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.