賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸住宅への引っ越しで気を付けることとは?

賃貸住宅から引っ越したり、新しく賃貸住宅に引越す場合、引っ越し料金を左右するものがあります。それがエレベーターの存在です。建物階数が2階以上であり、部屋も2階以上の場合はエレベーター付きの建物でないと引っ越し料金が上がる可能性があるのです。これは引っ越し作業員が荷物を運ぶ際に、階段を使うかエレベーターを使うかの違いですね。大きな荷物を全て手作業で運ぶとなると、相当の体力を使うことになります。エレベーターがあれば、荷物を抱えて階段を上らなくて済みますね。

引っ越しの見積もりでは、必ずエレベーターの有無が聞かれることになります。また、賃貸住宅の共有部分である廊下を通る際は、大きな荷物でキズを付けないように気を付けましょう。引っ越し業者はプロですから、毛布などで包んでキズが付かないように細心の注意を払っています。しかし、業者を頼まず自分たちで引っ越し作業を行うときは、賃貸物件に付けたキズは負担しなければなりません。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.