賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸契約時の保証人と保障会社について

賃貸物件の契約や更新時には連帯保証人が必要という場合が多いですよね。しかし、保証人が用意できないという場合もあります。例えば入居の賃貸契約時には実家の親を連帯保証人にしたけれど、何度目かの更新時には親が定年退職したため連帯保証人としては認められないというようなパターンです。こういった場合に、別にあてがないとなると出番になるなのが保障会社です。

これは物件の契約をしたいけれど、連帯保証人にできる相手がいないという人が、保障会社に料金を払って連帯保証人になってもらうという仕組みです。不動産会社としても、ある意味契約者の身内を連帯保証人にしている場合よりも信用度が高いこともあり、高額なマンション等ではあえてこの保障会社と契約して保証人にするように勧めるところもあるようですね。

保障会社を利用するのにかかる料金は会社によってまちまちですが、初回契約時にその物件の賃料の5割前後プラス1年つき1万円前後を更新時に支払うというパターンが多いようです。また保障会社もその性質上、契約者に対してある程度の信用度を要求しますので、過去に不動産契約や家賃等での問題の履歴の有無で契約の可否が決まる会社もあるようです。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.