賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸を退去する際に違約金を払う必要性があるか否かについて。

賃貸物件は自由に引っ越しが出来るのが大きな魅力ですが、時に退去する時に違約金を払わなければならないケースがあります。ただ、ケースごとに対処が違うので、ご自身が不利にならないようにぜひ知っておきましょう。では、どのような時に違約金が発生するのかを調べてみました。

賃貸物件を借りる際に「最低これくらいの期間は住んでほしい」という契約を結ぶことがあります。大抵は2年間という所が多いようです。この契約に反して指定された期間より短い期間に引っ越した場合に違約金が発生する事があります。大体は家賃3か月分です。ただ、1年住んだとしたら2か月分の違約金になる事もあるようです。ただ、国土交通省の規約に沿った賃貸物件を扱っている所では1か月の違約金で済みます。ただ、例外もあって家賃の値上がりがあってそれに不服があって引っ越した場合は期間が短くても違約金は発生しません。色々なケースがあるので、その都度調べたり相談して不利にならないようにしましょう。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.