賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

定期借家を賃貸するメリット

引越しシーズンでWEB上のあちこちで不動産や引越し業者の広告を目にするようになりましたが、こうした不動産の広告の中に定期借家という単語をしばしば見かけますよね。ぱっと見た感じ、このタイプの物件は規模や立地条件の割には家賃が安めに設定されているものも多く気になっている人も多いことでしょうが、具体的にはどのような形態の賃貸契約なのでしょうか。今回はこの定期借家の基本についてまとめてみましょう。

まず、定期借家とはその名の通り契約期間が固定されている契約形態の賃貸物件です。一般的な賃貸でも契約期間は2年前後に設けられている場合が多いのですが、これらは更新を前提としたものがほとんどのはずです。一方、この定期借家では基本的に契約の更新はありません。契約終了後に再契約が可能な場合もありますが、あくまで更新ではないというのがポイントですね。また、契約期間の途中解約も原則できないというのが大きな特徴です。

それではこの定期借家の賃貸物件のメリットは何かというと、最初に触れたように、より規模やグレードが高い物件を安めの賃料でかりることができるということです。契約期間の縛りがある分、賃料を抑えているというわけですね。また、期間の決まった転勤や長期出張等で利用する場合等、利用期間がマッチする物件を見つけることができればかなりお得ですので、転勤時にはこの条件で賃貸物件を探してみるのもお勧めです。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.