賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸で築年数古めから新しい物件に変更

バブルが崩壊した頃はダウンサイジングと呼ばれる傾向が見られました。機能を縮小したりするものです。バブルの時には不要なものまでどんどんつけられていたのですが、バブル崩壊で景気が悪くなると必要な物に絞り込むようになったのです。そういった時代なら、新しいものほど機能が低下するようなことがあったかもしれません。不要なものを削減するのはいいですが、中には必要な物まで削減されてしまって困ることがありました。思い通りにはいきません。

今は、ダウンサイジングすることは少ないでしょう。どんどん良いもの、良い機能のものが出てくる時代です。その上で価格が安くなるのです。賃貸においては、建築資材であったり、住宅設備において新しい機能のものが使われるようになります。築年数が古い物件に住んでいる場合、少し不満に思うこともあります。そこで新しいところを探してみることにしました。

少しの賃料アップで、設備の機能がぐんとアップします。生活しやすくなります。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.