賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件と売買物件の違い

不動産が取り扱う物件には賃貸物件と売買物件があります。数ある不動産の中には、賃貸物件だけを扱っている業者もありますし、売買物件だけを扱う業者もあります。両方扱っていたとしても、それぞれ担当者が違う場合が多いでしょう。不動産物件の数は膨大にありますから、それを全て把握するのは難しい面があるのです。賃貸物件と売買物件で分けてしまえば専門性が高まりますし、話もスムーズに進むでしょう。

賃貸物件と売買物件では、お客さんが支払う手数料も違ってきます。アパートなどの賃貸物件の場合は家賃の1ヶ月分が相場になっていますが、一戸建てやマンションなどの売買物件の場合は、一般的に物件価格に3%を掛けて6万円をプラスするという式になります。売買物件といっても価格によって多少の違いはありますが、物件価格が400万円を超えていれば、この計算式に当てはめて問題ありません。さらに仲介料には消費税も掛かります。消費税率を掛けた額が仲介料の総額となります。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.