賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

戸建賃貸を運営するメリットについて

賃貸経営は不動産投資の中でもメジャーなものの一つですよね。実際にこれを行おうと資金を用意した後、まずはより利回りの良い物件を探すことからスタートとなるでしょう。その際に考えるのは集合住宅か戸建て住宅かということです。今回は戸建住宅での賃貸経営を選んだ場合のメリットについてまとめてみましょう。

戸建住宅の代表的なメリットはやはり利回りの良さでしょう。立地にもよりますが戸建賃貸の家賃相場は10万は越えますので、仮にこれを800万円で仕入れて月10万円で貸したとすれば、1年で120万円になり利回りは15%にもなります。また、物件を仕入れるコストの低さもメリットの1つでしょう。マンションを建てるよりは戸建てを建てる方が必要額は低く、また最終的な手取りはそれ程変わらない場合が多いのです。投資額が同等であれば戸建てを選んだ方が運用面でのリスクヘッジにつながります。

ただし、これらはあくまで入居者ありきが前提の話です。戸建住宅は駅から少し離れた立地が多いといった特徴もありますので、集合住宅と比べ入所者の層が限定されるという特徴があります。そこでターゲット像を的確に絞り込んでピンポイントな宣伝や戦略的な運営計画を立てることが重要となるのです。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.