賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸アパートの契約について

賃貸アパートに入居する場合には、当然契約書に目を通し、内容を確認したうえで印を押すことになるでしょう。その契約書ですが、なかなかわかりにくく、「大丈夫だろう」と安易に印をおしてしまってはいないでしょうか?宅地建物取引業者が仲介している場合などの多くは問題になるような契約書が用意されていることはないはずですが、それでもせっかくの機会ですから、契約内容をしっかり理解しておきましょう。

まず、家賃に係る消費税ですが、賃貸アパートが居住用(人が住む目的の物件)である場合には、その家賃には消費税がかかりません。契約書の家賃をみていただければわかりますが、消費税は非課税になっています。ただし、事務所として賃貸する場合などは課税対象となりますので注意が必要です。

まず、家賃に係る消費税ですが、賃貸アパートが居住用(人が住む目的の物件)である場合には、その家賃には消費税がかかりません。契約書の家賃をみていただければわかりますが、消費税は非課税になっています。ただし、事務所として賃貸する場合などは課税対象となりますので注意が必要です。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.