賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸アパート投資における物件価格

会社員の給料が少しずつあがっていく気配はあるものの、消費税増税や円安による物価高もあって、生活防衛のために副収入を模索している会社員も多いようです。その副収入の候補として賃貸アパート経営が注目されています。賃貸アパート経営のためにはその賃貸アパートを取得することになります。自分で建てる場合もありますが、ノウハウも時間も必要になってしまいますので、すでに売りだされている物件から選んでいくのが合理的です。

その売り出し価格が重要です。高値づかみをすれば利益は望めません。そこで、その売り出し価格を判断するための方法があります。収益還元法と呼ばれるもので、直接還元法とNPV(正味現在価値)法と呼ばれているものです。直接還元法の方が簡便的な方法ですが、どちらも、「収益÷物件価格=利回り」を出して、その利回りが自分の期待しているものに匹敵するかどうかを判断するという点では共通しています。売出し価格で利回りを計算して、自分の期待未満だったら投資しない、期待以上だったら投資する、といったように活用してくのです。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.