賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸に住んでみて感じたこと

高校を卒業して初めて賃貸で暮らすことになりました。それまで田舎の一戸建てで育ってきた私は、想像していた暮らしとのギャップを感じて落ち込んだこともありました。実際住んでみて思ったことを、いくつか書いてみようと思います。

田舎から地方都市のアパートに引っ越して、最初に感じたのは窮屈感です。狭さもそうですが、窓を開ければすぐ隣の家の窓があり、夏でも開けられなかったです。壁と床が薄いことも気になりました。歩くだけでも気を使うし、下の階の話声も普通に聞こえてきます。そのアパートは特にそうでした。田舎の時は音も気にすることなく、窓の外には景色が広がっていて眺められたのに・・・と思うと田舎に戻りたくもなりました。冬は暖房をつけても寒くて、家がこいしくてたまりませんでした。たまたまハズレ物件だったのもあるかと思いますが。いい物件も、もちろんあります。この次に引っ越した所は、しっかりしたつくりでなかなか居心地良かったのを覚えています。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.