賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件契約の流れとは?

アパートを借りるときは、大家さんと入居者との間で賃貸借契約を交わすことになります。その仲介を行うのが不動産業者です。仲介業者は大家さんから預かった物件を希望者に紹介し、入居したいという方が現れたら申し込み手続きに入ります。所定の審査を受け、無事に通過すれば契約の運びとなります。契約書は仲介業者である不動産が作成し、大家さんと入居者で同じ契約書を保管することになります。契約の際は仲介業者と入居者で契約書の読み合わせが行われ、不明な点がないかを確認します。

契約書の内容に納得したら署名と捺印を行います。賃貸物件を紹介し、契約手続きを行った仲介業者には所定の仲介料を支払うことになります。仲介料の相場は一般的に家賃の一カ月分となりますが、業者によっては割引サービスなどを行っている場合もあります。賃貸物件の契約時には、火災保険料などさまざまな費用が必要になるため、あらかじめ準備しておかなくてはなりません。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.