賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件の間取り表示

賃貸物件を探す際は、部屋の間取りから選んでいくことになります。ワンルームや1LDK、2DKなど、いくつかの間取りタイプがあります。どのような違いがあるのか確認していきましょう。まず、ワンルームと言うのは部屋の中に仕切りがない状態を差しています。玄関やキッチン、居間などが全て一つの部屋に治まっている部屋になります。ワンルームの部屋は主にシングルの方に選ばれています。次に、1LDKなど最初に付く数字は部屋数を表しています。3LDKなら居間が3つあることになります。

DKやLDKの違いを確認してみましょう。DKというのはダイニングキッチンとなり、LDKがリビング・ダイニング・キッチンになります。この違いは部屋の広さを表しています。一般的にDKの場合は広さが6畳程度までとなり、LDKになると8畳以上の広さがあります。つまり、リビングの広さが20畳以上ある部屋であっても、LDKとだけ表示されることになります。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.