賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸アパート経営における管理

空地を所有していると固定資産税はかかりますし、相続税評価額も最も高くなります。そういう場合は、賃貸アパート経営をして土地を有効活用しようと考える人も少なからずいるはずです。しかし、賃貸アパート経営による収入は不労所得と呼ぶ人はいますが、決して「不労」では安定して利益を得ることはできません。

この賃貸アパート経営のポイントは資金繰りなどいくつかありますが、意外と重要なのが「管理業務」です。不動産における管理行為というのは、修繕したり、貸して収益を得たりすること全体をさしますが、賃貸アパート経営であれば、アパートの価値を保ち、秩序を保つことです。具体的にいえば、空室を埋め、家賃を回収し、不具合があれば直し、定期点検が必要であれば行い、苦情があれば対応するといったことを指します。

この管理業務を全て(資格が必要なエレベーター-の点検などを除いて)自分で行う方法(自己管理方式)もあります。また、管理業務を外務の不動産管理会社に委託する方法もあります。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.