賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸アパート経営の利益計算における減価償却費

賃貸アパートの経営をしている場合、税金計算の必要性から利益の計算は少なくとも年一回は行わなければいけません。また、常に経営状態を把握するほうが望ましいですから、月一回は利益計算をする方がよいでしょう。さらに、将来の経営計画に基づく利益計画を作るといったことも経営者には必要です。

この利益を計算するときに総収入金額から差し引ける必要経費の中に減価償却費というものがあります。1年以上業務に使用する固定資産について、購入した年に支払った金額全額を経費にするのではなく、将来に渡って使っていく年数にその支出額を割り振って、その割り振った金額をそれぞれの年の必要経費にする、というのが減価償却費です。

減価償却費は、例えば10年使用する機械100万円について、1年あたり10万円ずつ価値が減っていくだろう、その価値が減った分(年10万円)を経費としていこうと考えます。そのため、2年目以降は、支払がないのに経費が発生する、という状態になるのです。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.