賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

遠方に引っ越しをする場合の賃貸契約

進学や就職で他県に引っ越しをする方も多いものです。遠くの場所であればあるほど物件を見ることもなく、写真を見たり不動産業者の話を聞いて契約をするということもあります。実際に行くことが出来ない場合は仕方がないのですが、下見をせずに賃貸物件を借りることは危険も伴います。

例えば、契約についてですが、契約を交わす前に、まずは敷金礼金や家賃などの全額又は一部を要求してくる不動産業者もあります。不動産業者にしてみたら保証金という考え方なのかもしれませんが、これを支払わなければ書面の契約も交わさせないというのはおかしな話です。不動産業者としては、先に一部でも費用を頂かないことには安心して書面を交わすことが出来ないということでしょうが、これはお客さんの立場になっていません。実際に現場を見ていない借り手は不安もあるのですから、その上に金銭を先に支払うことには抵抗を感じるのが普通です。不動産業者もきちんと吟味をして賃貸の契約を行うようにしましょう。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.