賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件と重量物について

賃貸物件を借りる時に、部屋に重量物をおいてはいけませんという禁止事項を記載している場合も多いです。では、重量物とはどういったものを指すのでしょうか。重量物というのはその部屋の骨組みが耐えることのできない重さのものをさします。例えばグランドピアノです。グランドピアノは小さなサイズのものでも300キロほどの重さがあります。ですので、木造の住宅の場合には補修工事をしないと床が抜けてしまう場合もあるのです。

また、水槽なども重量物に入る場合があります。大型の水槽になりますと、水や砂利などの重さを合わせますと100キロ以上の重さになる場合もあります。熱帯魚好きの方で室内になん個もの大型水槽を置いてしまいますと、ピアノと同じように床に穴があいてしまいます。木造住宅ではなく鉄骨の物件ですと比較的このような問題が起こりにくいため重量物をおいても良いとされる場合が多いようです。ですので、重たいものを家に置く予定がある場合には最初から何キロまでなら良いのかということを確認するのがおすすめです。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.