賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

一戸建ての購入にこだわらない賃貸での暮らし

仮に引っ越す必要性が特にないのなら、賃料を払い続けなければならない賃貸は、メリットが少ないようにも思えてきます。長い目で見れば、同党の金額があれば、一戸建てを購入できる金額にも到達するわけで、それにもかかわらず自分のものになることのない賃貸に住み続けることには意味がないとおもうようにもなります。家族の中でもこのまま賃貸でいいとおもうものと、何とか一戸建てを買いたいとおもうものが現れると、住まいという根本的なところで意見が分かれてしまいとても厄介なことになります。

はたして賃貸はそれほどメリットがないのかというと、必ずしもそのようなことはありません。もちろん一戸建ては土地も取得することで、最低限度の資産価値を持ち合わせることになります。賃貸はいつまでたってもそのような価値はありません。しかし賃料によって中身を借りているわけですから、建物の維持や修復といったことの責任からは外れるわけで、余計な心配が少なくて済みます。もちろんそれらも賃料に含まれているとも言えますが、新たに請求が回ってくることがないという面で、生活に計画性が出やすくなります。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.