賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

私の賃貸アパート体験

私が賃貸アパートに初めて一人暮らしのために入居したのは、18歳の時です。出来たばかりの新しいアパートで、とても綺麗で、静かな場所が気に入り、一軒目で即決してしまいました。しかし、入居してすぐから、下の階の男性が一晩中誰かに電話をかけ続けていました。しかも、スピーカーホンにして…。相手は留守電にしていて、一度も出なかったようでしたが、もしやストーカー?とこわくなりました。

しかも、隣の部屋の夫婦は、夜な夜な夫婦げんかで、私の部屋の壁めがけて皿をたたきつけ、ののしりあい、その夫婦の生まれたばかりの赤ちゃんが、狂ったように泣く…という現実ではありえないだろうと思うような状況で、とても眠れず、友人宅に避難したりしてましたが、家賃を払っているのに、住めない状態に嫌気がさして、一年足らずのうちに引っ越しするはめになりました。

次に引っ越した賃貸のマンションも、壁が厚いから大丈夫かな。と思っていたら、なんとベランダで学生がマージャンを始めるという悲惨な目に…。苦情を言うとドアを蹴られる始末。自分も学生でしたので、管理会社に苦情を言うなど思いつかず泣き寝入りでした…。今は分譲のマンションに住んでいますが、幸い常識的な人ばかりで快適ですがあの頃は大変だったな。と今も時々思い出します。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.