賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件の更新にかかる費用

無事賃貸に入居してしまえばあとは毎月の家賃と共益費さえ支払っていれば良い、と一安心するのは早いです。賃貸物件には契約期間があり、その期間を超えて住み続けたい場合は更新手続きが必要になります。大抵は2年契約になっています。契約書を再度交わすわけですが、その時に手数料を請求されることがあります。更新料、事務手数料などの名目で、家賃の1ヶ月程度請求されることが多いようです。

尤も更新料は必ず発生するものではありません。実は私も知らなかったくらいです。地域によって風習となっている傾向があり、都市部ではほとんどありません。しかし更新料がなくても更新時にまとまったお金が必要になることはあります。たとえば入居者負担で火災保険への加入を義務付けられているような場合です。契約期間である2年ごとに更新となります。火災保険料は先払いですので、2年分となると少々まとまった額になります。木造だと高めです。契約内容にもよりますが、マンションでも2万以上かかると思っておいたほうが良いでしょう。

その他、おすすめのページ

■注目の情報

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.