賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件の部屋の補修費用は誰が支払うのか

長い間同じ家で生活をしていると、いろいろなところが壊れ、修理が必要になることがあります。賃貸物件の場合、その修理にかかる費用は誰が支払うのでしょうか。例えば、水道管が古くなり、錆びたところから亀裂が入ったなどという場合には、住んでいる人には何の落ち度もおありませんから、通常大家さんが費用を支払います。このように、劣化などが原因の場合には借主は費用を支払う必要はありません。しかし、子どもが部屋でボール遊びをしていてガラスを割ってしまったなどという場合のように、原因があきらかに借主にある場合には、借主が費用を支払うことになります。

また、部屋を退去する場合には、借主には原状回復の義務があります。これは、入居した状態の部屋に戻すための費用は借主側が負担する義務があるというものです。しかし、ここで注意するべき点は、経年劣化、つまり長い間住んでいたことによって自然に起きる壁や畳の日焼けなどに関しては、借主は補修費用を負担する義務はありません。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.