賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

マイホーム借り上げ制度と賃貸

高齢化した後のマイホームの利用方法は、売却してしまうか賃貸で利用するかですが、例えば子供などが独り立ちした後、そこを下宿として貸すとか、改築してアパートのようにして、貸すとかという方法もありますが、それは、その地域の環境などの条件により変わってきます。学生が入居しやすいところならば、まかない付きで貸すという方法もあります。その他リゾート地でしたら、観光客用に宿泊施設にしている人もいます。またマイホーム借上げ制度を利用して、借りる人を探してもらい、そこから賃貸収入を得ている人もいるようです。

マイホーム借上げ制度では、50歳以上の持ち家のオーナーと契約を結んで、借り手を確保してもらいますが、相場の8,9割での賃貸収入になり、手数料も15%と大きいですが、空室になっても賃料の85%の保証がつくそうで、空室の心配はなくなり期間も3年契約なので、戻りたければ、契約後に戻ることも出来、そのまま契約を更新することも出来ます。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.