賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件見学で実際の日当たり状況を確認する

賃貸物件の紹介では、南向きや西向きといった具合にその物件がどちらの方位を向いて建てられているかの記載があります。この方位というのは、その物件のベランダが向いている方角をさします。南向きは日当たりがよい物件ですが、南向きと書かれていても実際には日当たりがあまりよくないこともあります。例えばベランダが向いている南側に大きな建物があって、物理的に日が当たらないというケースもあるからです。また東向き・西向きの物件でも、時間帯によってはかなり日当たりがよいということもあります。これは間取り図を見て説明を聞くだけではわかりませんので、できればお天気のよい日に現地に行って確認するしかありません。

賃貸物件の下見で日当たりを確認する時には、窓やサッシなども実際に開け閉めしてみるのがおすすめです。窓を開けると風通しがよいかどうかもわかります。風通しのよさは湿気対策や真夏の省エネ対策でも重要なポイントになってきます。窓の構造も要チェックです。二重ガラスや断熱性の高いガラスが使われていれば、真冬の結露も少なくなります。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.