賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

費用が安く済む賃貸物件の注意点

賃貸物件でなるべく安く住もうと思ったらまず家賃を見ます。家賃はわかりやすいです。新しくて設備がよく、部屋が広かったり交通アクセスや周囲の環境がよければ家賃は高くなります。その逆であればもちろん家賃は低くなります。

わかりづらいのは敷金礼金などです。これは今0円でいいというところもありますが、代わりに仲介手数料が高かったりします。仲介手数料が0円の代わりに礼金が高いなどの例もあります。2年ごとに更新料が必要なところもあります。安く住もうとするあまり安易にこうした物件に手を出すと危険です。よくよく調べたり聞いてから契約するようにしましょう。

保証人になる人がなかなか見つからない人は保証人不要の物件に飛びつく傾向もあります。これも要注意です。保証人が不要ということはその物件に住む人達も保証人がいないという人ですし、大家さんがそれだけ審査に甘いという証拠でもあります。親がいないなどの事情がある人以外にもいろいろな事情を抱えた人たちが住んでいる可能性があるのでご近所トラブルに要注意です。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.