賃貸物件を借りる際に。

賃貸物件を借りる際に。
賃貸物件を借りる際に。

賃貸契約と連帯保証人の年齢

賃貸物件を借りる時には、連帯保証人をつける必要があります。では、どのような人が連帯保証人になることができるのでしょうか。連帯保証人は原則として30代から60代の有職者と決められています。これはなぜかといいますと、この範囲内にない人はもしもの時に滞納した家賃などを支払うのが難しいからです。連帯保証人は賃貸物件を借りた人の代わりに家賃を支払うことができる人でなくてはいけないのです。

ではもしも、連帯保証人を立てることができなければどのようにしたらよいのでしょうか。一番簡単なのは保証会社にお願いするという方法です。最初に保証会社に決められた金額を支払わなくてはいけませんが、連帯保証人と同じ役割を果たしてくれますし、保証会社の方が物件を貸してくれる大家さんから信頼されている場合が多いので、入居の審査が通りやすくなる場合も多いのだそうです。ですので、身内に適当な人がいない場合には、保証会社をお願いするのが良いでしょう。

その他、おすすめのページ

Copyright (C)2017賃貸物件を借りる際に。.All rights reserved.